main contents

分析のページ

ホーム > 分析のページ > 3.環境水分析

3.環境水分析

環境基本法で定められた環境基準に基づいた河川・湖沼・海域等の環境水分析。

水質環境基準(人の健康の保護に関する環境基準)
項目 基準値
カドミウム 0.003 mg/l 以下
全シアン 検出されないこと
0.01 mg/l 以下
六価クロム 0.05 mg/l 以下
砒素 0.01 mg/l 以下
総水銀 0.0005 mg/l 以下
アルキル水銀 検出されないこと
ポリ塩化ビフェニル 検出されないこと
ジクロロメタン 0.02 mg/l 以下
四塩化炭素 0.002 mg/l 以下
1,2-ジクロロエタン 0.004 mg/l 以下
1,1-ジクロロエチレン 0.1 mg/l 以下
シス-1,2ジクロロエチレン 0.04 mg/l 以下
1,1,1-トリクロロエタン 1 mg/l 以下
1,1,2-トリクロロエタン 0.006 mg/l 以下
トリクロロエチレン 0.03 mg/ 以下
テトラクロロエチレン 0.01 mg/l 以下
1,3-ジクロロプロペン 0.002 mg/l 以下
ベンゼン 0.01 mg/l 以下
チウラム 0.006 mg/l 以下
シマジン 0.003 mg/l 以下
チオベンカルブ 0.02 mg/l 以下
セレン 0.01 mg/l 以下
硝酸性窒素及び亜硝酸性窒素 10 mg/l 以下
ふっ素 0.8 mg/l 以下
ほう素 1 mg/l 以下
1,4-ジオキサン 0.05 mg/l 以下

 

水質環境基準(人の健康の保護に関する環境基準)
項目 基準値
カドミウム 0.01 mg/l 以下
全シアン 検出されないこと
0.01 mg/l 以下
六価クロム 0.05 mg/l 以下
砒素 0.01 mg/l 以下
総水銀 0.0005 mg/l 以下
アルキル水銀 検出されないこと
ポリ塩化ビフェニル 検出されないこと
ジクロロメタン 0.02 mg/l 以下
四塩化炭素 0.002 mg/l 以下
1,2-ジクロロエタン 0.004 mg/l 以下
1,1-ジクロロエチレン 0.1 mg/l 以下
シス-1,2ジクロロエチレン 0.04 mg/l 以下
1,1,1-トリクロロエタン 1 mg/l 以下
1,1,2-トリクロロエタン 0.006 mg/l 以下
トリクロロエチレン 0.03 mg/ 以下
テトラクロロエチレン 0.01 mg/l 以下
1,3-ジクロロプロペン 0.002 mg/l 以下
ベンゼン 0.01 mg/l 以下
チウラム 0.006 mg/l 以下
シマジン 0.003 mg/l 以下
チオベンカルブ 0.02 mg/l 以下
セレン 0.01 mg/l 以下
硝酸性窒素及び亜硝酸性窒素 10 mg/l 以下
ふっ素 0.8 mg/l 以下
ほう素 1 mg/l 以下

水質環境基準(生活環境の保全に関する環境基準)

1(1) 河川(湖沼を除く)

類型 利用目的の適応性 基準値
pH BOD SS DO 大腸菌群数
AA 水道1級
自然環境保全
及びA以下の欄に掲げるもの
6.5以上
8.5以下
1 mg/l
以下
25 mg/l
以下
7.5 mg/l
以上
50 MPN
/100ml以下
A 水道2級
水産1級
水浴及びB以下の欄に掲げるもの
6.5以上
8.5以下
2 mg/l
以下
25 mg/l
以下
7.5 mg/
l以上
1000 MPN
/100ml以下
B 水道3級
水産2級
及びC以下の欄に掲げるもの
6.5以上
8.5以下
3 mg/l
以下
25 mg/l
以下
5 mg/l
以上
5000 MPN
/100ml以下
C 水産3級
工業用水1級
及びD以下の欄に掲げるもの
6.5以上
8.5以下
5 mg/l
以下
50 mg/l
以下
5 mg/l
以上
D 工業用水2級
農業用水
及びE以下の欄に掲げるもの
6.5以上
8.5以下
8 mg/l
以下
100 mg/l
以下
2 mg/l
以上
E 工業用水2級
環境保全
6.5以上
8.5以下
10 mg/l
以下
ごみ等の浮遊が認められないこと 2 mg/l
以上

類型 水性生物の生息状況の適応性 基準値 全亜鉛
生物A イワナ、サケマス等比較的低温域を好む水生生物及びこれらの餌生物が生息する水域 0.03 mg/l以下
生物特A 生物Aの水域のうち、生物Aの欄に掲げる水生生物の産卵場(繁殖場)又は幼稚仔の生育場として特に保全が必要な水域 0.03 mg/l以下
生物B コイ、フナ等比較的高温域を好む水生生物及びこれらの餌生物が生息する水域 0.03 mg/l以下
生物特B 生物Bの水域のうち、生物Bの欄に掲げる水生生物の産卵場(繁殖場)又は幼稚仔の生育場として特に保全が必要な水域 0.03 mg/l以下

1(2) 湖沼 (天然湖及び貯水量が1000万立方メートル以上であり、かつ、水の滞留時間が4日間以上である人造湖)

類型 利用目的の適応性 基準値
pH COD SS DO 大腸菌群数
AA 水道1級
水産1級
自然環境保全
及びA以下の欄に掲げるもの
6.5以上
8.5以下
1 mg/l
以下
1 mg/l
以下
7.5 mg/l
以上
50 MPN
/100ml以下
A 水道2,3級
水産2級
水浴及びB以下の欄に掲げるもの
6.5以上
8.5以下
3 mg/l
以下
5 mg/l
以下
7.5 mg/
l以上
1000 MPN
/100ml以下
B 水道3級
工業用水1級
農業用水
及びC以下の欄に掲げるもの
6.5以上
8.5以下
5 mg/l
以下
15 mg/l
以下
5 mg/l
以上
C 工業用水2級
環境保全
6.0以上
8.5以下
8 mg/l
以下
ごみ等の浮遊が認められないこと 2 mg/l
以上

類型 利用目的の適応性 基準値 
全窒素 全燐
[1] 自然環境保全及び[2]以下の欄に掲げるもの 0.1 mg/l以下 0.005 mg/l以下
[2] 水道1,2,3級(特殊なもの除く)
水産1種
水浴及び[3]以下の欄に掲げるもの
0.2 mg/l以下 0.01 mg/l以下
[3] 水道3級(特殊なもの)及び[4]以下の欄に掲げるもの 0.4 mg/l以下 0.03 mg/l以下
[4] 水産2種及び[5]以下の欄に掲げるもの 0.6 mg/l以下 0.05 mg/l以下
[5] 水産3級
工業用水
農業用水
環境保全
1 mg/l以下 0.1 mg/l以下

類型 水性生物の生息状況の適応性

基準値    全亜鉛

生物A イワナ、サケマス等比較的低温域を好む水生生物及びこれらの餌生物が生息する水域 0.03 mg/l以下
生物特A 生物Aの水域のうち、生物Aの欄に掲げる水生生物の産卵場(繁殖場)又は幼稚仔の生育場として特に保全が必要な水域 0.03 mg/l以下
生物B コイ、フナ等比較的高温域を好む水生生物及びこれらの餌生物が生息する水域 0.03 mg/l以下
生物特B 生物Bの水域のうち、生物Bの欄に掲げる水生生物の産卵場(繁殖場)又は幼稚仔の生育場として特に保全が必要な水域 0.03 mg/l以下

2 海域

類型 利用目的の適応性 基準値
pH COD DO 大腸菌群数 n-ヘキサン抽出物
A 水産1級
自然環境保全
及びB以下の欄に掲げるもの
7.8以上
8.3以下
2 mg/l
以下
7.5 mg/l
以上
1000 MPN
/100ml以下
検出されないこと
B 水道2級
工業用水
及びC以下の欄に掲げるもの
7.8以上
8.3以下
3 mg/l
以下
5 mg/l
以上
検出されないこと
C 環境保全 7.0以上
8.3以下
8 mg/l
以下
2 mg/l
以上

類型 利用目的の適応性 基準値
全窒素 全燐
[1] 自然環境保全及び[2]以下の欄に掲げるもの(水産2種及び3種を除く) 0.2 mg/l以下 0.02 mg/l以下
[2] 水産1種
水浴及び[3]以下の欄に掲げるもの(水産2種及び3種を除く)
0.3 mg/l以下 0.03 mg/l以下
[3] 水産2種及び[4]の欄に掲げるもの(水産3種を除く) 0.6 mg/l以下 0.05 mg/l以下
[4] 水産3種
工業用水
生物生息環境保全
1 mg/l以下 0.09 mg/l以下

類型 水性生物の生息状況の適応性 基準値 全亜鉛
生物A 水生生物の生息する水域 0.02 mg/l以下
生物特A 生物Aの水域のうち、水生生物の産卵場(繁殖場)又は幼稚仔の生育場として特に保全が必要な水域 0.01 mg/l以下

1.水質検査

2.排水・下水分析

3.環境水分析

4.土壌・底質・産廃分析

5.プール水検査

6.浴槽水検査

7.その他分析

お問い合わせ先

ヒロエンジニアリング
株式会社

本社
〒110-0016
東京都台東区台東1-14-11
TEL 03-3832-8451
FAX 03-3833-6674

札幌営業所
〒064-0810
札幌市中央区南十条西14
TEL 011-563-7301
FAX 011-563-7300