main contents

更新情報

ホーム > 更新情報 > 大防法施行規則及び水濁法施行規則が改正されました。

大防法施行規則及び水濁法施行規則が改正されました。

環境省は「大気汚染防止施行規則及び水質汚濁防止法施行規則の一部を改正する省令」を平成23年3月 16日付けで発表しました。改正の主な内容は以下の通りです。

<大気汚染防止法施行規則>

1.施行規則第15条第2号による硫黄酸化物に係るばい煙発生施設において使用する燃料の硫黄含有率を測定義務の対象から外すこととする。

2.計量法(平成4年法律第51号)第107条の登録(計量証明事業)を受けた者から、ばい煙濃度等について証明する旨を記載した同法第110条の2の証明書の交付を受けた場合には、当該証明書の記載をもって、ばい煙等測定記録表(様式第7)の記録に代えることが出来ることとする。

<水質汚濁防止法施行規則>

1.排出水を排出する者は法第5条第1項の特定施設の設置の届出及び第7条の変更の届けの際、施行規則様式第1別紙4により都道府県知事に届け出たものについては1年に1回以上、その他の物質等については必要に応じて行うこととする。

2.都道府県等が条例で別紙4届け出たものについて、1年に1回以上より多い回数を定めた時は、当該測定回数とすることとする。

3.測定のための試料は、排出水の汚染状態が最も悪いと推定される時期及び時刻に採取することとする。

4.計量法第107条の登録を受けた者からの計量証明書の交付を受けた場合には水質測定記録表への記載を省略することが出来ることとする。

5.測定結果の記録は測定に伴い作成したチャートその他の資料とともに三年間保存することとする。

施行日:平成23年4月1日

2014年04月07日
分析のページ 水質検査表の改定について

2014年03月18日
平成26年4月1日水道法改正(亜硝酸態窒素の追加)について

2013年02月21日
産業廃棄物に含まれる金属等の検定方法(昭和48年環境庁告示第13号)の一部が改正されます。

2012年10月01日
水質汚濁防止施行令の一部が改正され、ヘキサメチレンテトラミンが事故時措置の指定物質として追加されました。

2012年06月01日
水質汚濁防止法の一部が改正されました。(地下水汚染の未然防止)

2012年05月25日
1、4−ジオキサンが下水排除基準に追加されました。

2012年04月01日
水質基準に関する厚生労働省告示第261号の一部が改正されました。(厚生労働省告示第290号)

2011年11月01日
1.1-ジクロロエチレンの排水基準(水質汚濁防止法)が変更されました。

2011年10月27日
カドミウム(水質汚濁に係る環境基準)の基準値が変更されました。

2011年04月01日
トリクロロエチレンの基準値が変更になりました。

2011年03月30日
大防法施行規則及び水濁法施行規則が改正されました。

2010年04月02日
カドミウムの基準値が変更になりました。

2008年06月02日
ヒロエンジニアリングのHPがリニューアルされました。

お問い合わせ先

ヒロエンジニアリング
株式会社

本社
〒110-0016
東京都台東区台東1-14-11
TEL 03-3832-8451
FAX 03-3833-6674

札幌営業所
〒064-0810
札幌市中央区南十条西14
TEL 011-563-7301
FAX 011-563-7300